(読み)アツモノ

  • ×羹
  • かん
  • こう カウ
  • ケン

デジタル大辞泉の解説

《「熱物(あつもの)」の》魚・鳥の野菜を入れた熱い吸い物。
唐音
肉や野菜を汁を多くして煮たもの。あつもの。〈文明本節用集〉
雑煮。
「正月の祝に、晴れなる座敷へ―を据ゆるに」〈咄・醒睡笑・六〉
餅菓子(もちがし)。
「『常に食べぬ物でござあった』『それならば―の類であらう』」〈虎明狂・文蔵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

汁物など火を通した熱い料理の古称。これに対し膾(なます)などの冷たい料理を〈うすもの〉という。
→関連項目羊羹

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 野菜や魚肉を熱く煮た吸い物。あついもの。あつかもの。
※万葉(8C後)一六・三八二九「醤酢(ひしほす)に蒜(ひる)(つ)き合(か)てて鯛(たひ)願ふわれにな見えそ水葱(なぎ)の煑物(あつもの)
※宇津保(970‐999頃)蔵開中「大いなる銀(しろがね)の提子(ひさげ)に、若菜のあつもの一鍋」
② うどんをいう女房詞。
※御湯殿上日記‐慶長四年(1599)一二月一六日「しよこんあつもの。二こんそろそろ」
〘名〙
① 肉や野菜を煮た熱い料理。あつもの。〔文明本節用集(室町中)〕〔礼記‐礼器〕
② 雑煮。地方によっては米・麦粉の団子汁をいう。
※本福寺跡書(1560頃)「惣御門徒衆は二種肴にて、芋・豆腐のかんあり」
③ もち菓子。
※宗五大草紙(1528)かんの名の事「三宝膳、ろちょうかん、べっかん、うんせんかん、竹やうかん」
〘名〙 中華料理で、汁物。〔現代文化百科事典(1937)〕
〘名〙 肉、菜などを、汁を多くして煮たもの。すいもの。あつもの。
※正法眼蔵(1231‐53)看経「一椀、羹一杯を毎僧に行ず」 〔礼記‐曲礼上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【羊羹】より

…和菓子の一種。現在は甘みの菓子であるが,もともとは中国で古くからつくられていた羊肉の羹(あつもの),つまり汁であった。日本で初めて〈羊羹〉の語が見られるのは南北朝~室町初期に成立した《庭訓往来》などの往来物においてであり,このときすでに汁でなくなっていた。…

【中国料理】より

…この語からもわかるように後世の中国料理がもっとも得意とする〈炒〉の技法はまだない。この当時は〈羹〉が最重要な料理であったが,これは一種の肉のスープか肉のあつもので,味の調和が特徴である。主な料理法は煮,蒸,烤,燉(とん),醃(塩漬け)と晒乾(日干し)に要約できよう。…

※「羹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羹の関連情報