コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あつもの あつもの

3件 の用語解説(あつものの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

あつもの
あつもの

羹とも書く。料理の一種。肉や野菜を入れてつくった熱い汁物。古くは茶道に使用する点心として禅宗の留学僧が明より伝えた。明では鳥獣魚介を使ってたれ味噌の汁に浮べて食したが,日本に渡来してからは仏教思想により,鳥獣の肉を食べなかったので小麦粉をこねて似たような形のものをつくり,これを精進食とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

あつもの

1999年公開の日本映画。監督・脚本:池端俊策。出演:緒形挙、小島聖、ヨシ笈田大楠道代、清水美砂、杉本哲太ほか。第54回毎日映画コンクール女優助演賞(小島聖)、男優助演賞(ヨシ笈田)受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

あつもの
あつもの / 羹・

熱いまま用いる料理の意で、実のたくさん入っている汁をいう。汁の実に植物性の材料を用いたものを羹の字を用い、動物性の実を用いているものにの字をあてている。「あつものに懲りて膾(なます)を吹く」ということばがあるが、澄まし汁、濁り汁、変り汁など、いずれも温度の高い汁物は「あつもの」に含まれる。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あつものの関連キーワード包子プルコギ酒浸て笋羹文箱ミーゴレン男鹿の石焼き白炊きどぶ汁春巻き

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

あつものの関連情報