コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠ノ段 かさのだん

1件 の用語解説(笠ノ段の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かさのだん【笠ノ段】

能《蘆刈》の部分の名。蘆売りの男(シテ)が御津(みつ)の浜の景色を描き,笠踊を見せる場面をいう。この部分を独立させて,仕舞(しまい)または独吟一調として演じることも多い。能に市井芸能をとり入れた一例である。蘆刈【横道 万里雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

笠ノ段の関連キーワード牛脚油後輪残部蘆刈しのぎ名乗り穂先肩ロース腿肉双晶滑り

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone