笠ノ段(読み)かさのだん

世界大百科事典 第2版の解説

かさのだん【笠ノ段】

能《蘆刈》の部分の名。蘆売りの男(シテ)が御津(みつ)の浜の景色を描き,笠踊を見せる場面をいう。この部分を独立させて,仕舞(しまい)または独吟一調として演じることも多い。能に市井芸能をとり入れた一例である。蘆刈【横道 万里雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android