一調(読み)いっちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一調
いっちょう

(1) 能の用語。謡い手1人と打楽器 (小鼓大鼓,太鼓のいずれか) の奏者1人が能の一部分を演奏すること。旋律やリズムのおもしろい謡の部分を選び,打楽器も通常とは異なるリズムを用いる。一調の変種としては,一声 (いっせい) に相当する手を打つ部分を加えた「一調一声」や,笛を加えた「一調一管」がある。 (2) 長唄,歌舞伎の囃子用語。曲の初め,または一部を小鼓1個だけで囃すこと。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いっ‐ちょう〔‐テウ〕【一調】

能の演奏形式の一。謡曲中の要所を、小鼓(こつづみ)・大鼓(おおつづみ)・太鼓のいずれか一つの伴奏で、一人で謡うこと。
長唄囃子(ばやし)で、小鼓1丁による独奏。歌舞伎下座音楽では、武将の出入りなどに用いる小鼓の囃子。本来は1丁であるが、3、4丁のこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いっちょう【一調】

(1)能の用語 演奏形式の一種。打楽器(小鼓・大鼓・太鼓)奏者1人に謡い手1人(まれに助吟者が1~2人つく)が能の一部分を演奏すること。演奏するのは能の中でも謡のおもしろい部分で,打楽器も普通とは異なる特別の手組を奏する。謡い手,囃子方ともに水準以上の力量が要求され,特に囃子方では,〈習物(ならいもの)〉として初心者などには演奏を許さない。難しい曲はさらに〈別習(べつならい)〉,〈重き習〉とか称して大事にしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いっちょう【一調】

能で、一曲中の要所の一段を謡い、小鼓・大鼓・太鼓のいずれか一種を合わせて打つ演奏形式。
歌舞伎で、武将の出入りなどに用いる小鼓だけの囃子はやし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の一調の言及

【習】より

…しかし,一般に大曲,秘曲と目されている演目,たとえば能の《石橋(しやつきよう)》や《道成寺》,老女物の《姨捨(おばすて)》《関寺小町》《檜垣》《鸚鵡(おうむ)小町》《卒都婆小町》など,また狂言の《釣狐》《花子(はなご)》などは,各流派,各役種とも習に扱っている。また,通常の演じ方とは替えて演ずることが習に結びつく一つの要件で,小書(こがき)(特殊演出)の能は原則として習であり,同様の意味で,〈一調(いつちよう)〉という演奏形式はつねに習である。 習には伝授の順序が定められており,演目ごとに初伝(しよでん)・中伝・奥伝,あるいは小習(こならい)・中習(ちゆうならい)・大習(おおならい)・重習(おもならい)・別習(べつならい)・一子相伝(いつしそうでん)などと名づけられた等級がある。…

【能】より

…(11)一管(いつかん) 笛1人で囃子事を変奏する。(12)一調(いつちよう) 打楽器1人と謡1人で打楽器の聞かせどころを変奏する。(13)一調一声(いつちよういつせい) 特殊な一調である。…

※「一調」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一調の関連情報