コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御津 みつ

5件 の用語解説(御津の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御津
みつ

兵庫県南西部,たつの市南部の旧町域。播磨灘に臨む。 1947年町制。 1951年室津村と合体。 2005年龍野市,新宮町,揖保川町と合体して,たつの市となった。休養観光の町で,東から西へ白砂青松新舞子浜,「七曲がり」と呼ばれる岩石海岸室津沈水海岸と,瀬戸内海国立公園に属する景勝地が続く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

御津
みつ

岡山県南部,岡山市北部の旧町域。旭川中流域,およびその支流の宇甘川 (うかいがわ) 流域と吉備高原からなる。 1953年金川町と宇甘西村,宇甘東村,宇垣村,葛城村,五城村の5村,および牧山村の一部が合体して御津町が成立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

御津
みと

愛知県南東部,豊川市南西部の旧町域。渥美湾に臨む。1930年町制。1955年大塚村の一部を編入。2008年豊川市に編入。かつての三河五港の一つ御馬(おんま)は音羽川の河口にあり,国府の外港であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みつ【御津】

古代の難波(なにわ)の港。官船の船着場として尊んでいう。難波の御津
「葦が散る難波の―に大舟にま櫂(かい)しじ貫き」〈・四三三一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みつ【御津】

難波の港。古く、官船の出入りがあったことから尊んでいう。 「 -の浜松待ち恋ひぬらむ/万葉集 63
現在の大津市下阪本、比叡山東麓の琵琶湖岸にあった坂本の津のこと。⦅歌枕⦆ 「もろ人の願ひを-の浜風に/新古今 神祇

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の御津の言及

【鹿島[町]】より

…島根半島の中央部に位置し,北は日本海に臨み,南は松江市に接する。日本海に注ぐ佐陀川の河口にある中心集落の恵曇(えとも)は,東部の御津(みつ)とともに漁業集落として発展し,魚市場や冷凍設備があり,県東部の漁業中心地になっている。かまぼこや缶詰の製造など水産加工業が盛んで,鮮魚行商の従事者が多い。…

※「御津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御津の関連キーワード求人制球痛楚難・南・男・納・軟・難難じる憂戚難消化糖難波町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御津の関連情報