コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御津 みつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御津
みつ

兵庫県南西部,たつの市南部の旧町域。播磨灘に臨む。 1947年町制。 1951年室津村と合体。 2005年龍野市,新宮町,揖保川町と合体して,たつの市となった。休養観光の町で,東から西へ白砂青松の新舞子浜,「七曲がり」と呼ばれる岩石海岸室津沈水海岸と,瀬戸内海国立公園に属する景勝地が続く。姫路市広畑に隣接し,播磨工業地域の西部を占める。室津はかつての摂播五泊の一つで,江戸時代は大名が参勤交代に利用し,浜本陣があった。室津の賀茂神社は国指定重要文化財。岩見梅林,綾部山梅林などでも有名。

御津
みつ

岡山県南部,岡山市北部の旧町域。旭川中流域,およびその支流の宇甘川 (うかいがわ) 流域と吉備高原からなる。 1953年金川町と宇甘西村,宇甘東村,宇垣村,葛城村,五城村の5村,および牧山村の一部が合体して御津町が成立。 1956年布都美村の一部を編入。 2005年岡山市に編入。中心地区の金川は旭川と宇甘川の合流点にあり,古くから開けた河港。戦国時代は備前守護代松田氏の城下町,近世は岡山藩の家老日置氏の陣屋町であった。イネ,ブドウ (マスカット) ,モモを多く栽培する。日蓮宗不受不施派の本山妙覚寺がある。宇甘川上流の宇甘渓 (うかんけい) は渓谷美で知られる。一部は吉備清流県立自然公園に属する。

御津
みと

愛知県南東部,豊川市南西部の旧町域。渥美湾に臨む。1930年町制。1955年大塚村の一部を編入。2008年豊川市に編入。かつての三河五港の一つ御馬(おんま)は音羽川の河口にあり,国府外港であった。西半は大部分が丘陵地で,ほかは豊橋平野が占める。豊川用水通水によって水利の悪い町の農業を変え,野菜,果樹の栽培や施設園芸が発展。綿織物,食品工業も行なわれる。沿岸部ではノリの養殖も盛んであったが,1964年湾岸一帯は東三河工業整備特別地域に指定され,埋め立てが進んだ。一部が三河湾国定公園に属する。1889年に開通した東海道本線が,御油ほか旧宿場町を通らず蒲郡経由となったため,現在の御津領域にあった当時の西方村に郡行政中心地名の御油駅が設置された。1948年に駅名は愛知御津に改称された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みつ【御津】

古代の難波(なにわ)の港。官船の船着場として尊んでいう。難波の御津。
「葦が散る難波の―に大舟にま櫂(かい)しじ貫き」〈・四三三一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みつ【御津】

難波の港。古く、官船の出入りがあったことから尊んでいう。 「 -の浜松待ち恋ひぬらむ/万葉集 63
現在の大津市下阪本、比叡山東麓の琵琶湖岸にあった坂本の津のこと。⦅歌枕⦆ 「もろ人の願ひを-の浜風に/新古今 神祇

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の御津の言及

【鹿島[町]】より

…島根半島の中央部に位置し,北は日本海に臨み,南は松江市に接する。日本海に注ぐ佐陀川の河口にある中心集落の恵曇(えとも)は,東部の御津(みつ)とともに漁業集落として発展し,魚市場や冷凍設備があり,県東部の漁業中心地になっている。かまぼこや缶詰の製造など水産加工業が盛んで,鮮魚行商の従事者が多い。…

※「御津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御津の関連キーワード大阪府大阪市中央区西心斎橋兵庫県たつの市御津町黒崎御津(岡山県)浜松中納言物語御津(愛知県)吉備中央[町]不受不施講門派御津(兵庫県)たつの[市]加茂川〈町〉加茂川[町]御津[町]黒田 寿男鹿島[町]角藤 定憲カバヤ食品建部[町]建部〈町〉御津〈町〉津の国の

御津の関連情報