コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘆刈 アシカリ

デジタル大辞泉の解説

あしかり【蘆刈】[謡曲]

謡曲。四番目物。零落して葦売りをしている難波浦の住人日下(くさか)左衛門が、都へ上って立身した妻と再会する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

蘆刈【あしかり】

(1)能の曲名。四番目物五流現行。世阿弥作と伝えられる。郷里の難波でアシを刈って売っているおちぶれた左衛門(シテ)を妻が見つけて都へつれ帰る。(2)上方舞・地歌の曲名。
→関連項目蘆刈説話狂乱物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あしかり【蘆刈】

能の曲名。四番目物現在物世阿弥作。シテは売り,実は日下左衛門(くさかのさえもん)。左衛門の妻(ツレ)は大家へ奉公していたが,久しぶりに故郷の難波を訪れる。そこへ蘆売りが来て,節おもしろく歌いながら蘆を売り,笠踊を見せたりする(〈笠ノ段〉)。呼び寄せて見ると夫だった。男は身を恥じて小屋に逃げこむが,女は言葉優しく連れ出し,新しい装束に着替えさせる。夫は喜び,夫婦の情を歌った曲舞(くせまい)を演じ(〈クセ〉),舞を舞い(〈男舞〉),連れ立って都に上る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の蘆刈の言及

【蘆刈説話】より

…ある貧しい夫婦が難波に住んでいたが,男は思いわずらった末に女を京へやり,宮仕えさせる。女はやがてその主に思われ妻として迎えられるが,女は前の夫のことが忘れられず,ある日他事にことよせて難波へ赴き,蘆刈りとなったみすぼらしい身なりの男に再会する。男は〈君なくてあしかりけりと思ふにもいとど難波の浦ぞ住み憂き〉の歌を女に送り,逃げ出そうとする。…

※「蘆刈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

蘆刈の関連キーワード谷崎潤一郎(年譜)谷崎潤一郎御伽草子男物狂い物狂い能新派劇物狂能ざらり謡曲古人雑物独吟肘笠人人

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android