コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠原道桂 かさはら どうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠原道桂 かさはら-どうけい

?-? 江戸時代中期の茶人。
筑前(ちくぜん)福岡藩主黒田家の家臣。南坊流立花実山にまなび,享保(きょうほう)3年(1718)「南坊録」を書写し,江戸で南坊流の普及につとめた。通称は九郎右衛門。別号に止々斎,不見斎,月叟

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

笠原道桂の関連キーワード安藤定房安藤定殻三宅康高

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android