コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠松謙吾(読み)かさまつ けんご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠松謙吾 かさまつ-けんご

1839*-1872 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)9年12月生まれ。生家は越後(えちご)(新潟県)頸城郡小猿屋村の庄屋。江戸で安積艮斎(あさか-ごんさい)に,また昌平黌(しょうへいこう)で藤森弘庵らにまなぶ。文久元年(1861)帰郷して塾をひらき,尊攘派とまじわり,長谷川鉄之進らをかくまう。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍に協力。明治4年川浦郷学を創立。明治5年2月18日死去。35歳。名はのち宗謙。字(あざな)は士恭。号は蜂嶺。著作に「鶏肋集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android