コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠松謙吾 かさまつ けんご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠松謙吾 かさまつ-けんご

1839*-1872 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)9年12月生まれ。生家は越後(えちご)(新潟県)頸城郡小猿屋村の庄屋。江戸で安積艮斎(あさか-ごんさい)に,また昌平黌(しょうへいこう)で藤森弘庵らにまなぶ。文久元年(1861)帰郷して塾をひらき,尊攘派とまじわり,長谷川鉄之進らをかくまう。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍に協力。明治4年川浦郷学を創立。明治5年2月18日死去。35歳。名はのち宗謙。字(あざな)は士恭。号は蜂嶺。著作に「鶏肋集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

笠松謙吾の関連キーワードタンジマートアメリカ音楽清水喜助新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令茶室一覧佐々木東洋佐藤誠実島津久光