コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第一種住居地域 ダイイッシュジュウキョチイキ

デジタル大辞泉の解説

だいいっしゅ‐じゅうきょちいき〔‐ヂユウキヨチヰキ〕【第一種住居地域】

都市計画法で定められた用途地域の一。住居の環境を保護するために定められる地域。3000平方メートル以上の店舗・事務所や、住環境を害する工場・遊技場・娯楽施設などは建設できない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リフォーム用語集の解説

第一種住居地域

都市計画法上 、都市計画区域に適用される用途地域の一つで、住居の環境を保護するために定められた地域。建築基準法で同地域に建築してはならない建物用途が規定され、大規模な店舗・事務所などの立地は制限されている。→用途地域

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

第一種住居地域の関連キーワード住居地域

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第一種住居地域の関連情報