コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第1世代コンピュータ だいいちせだいコンピュータfirst generation computer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第1世代コンピュータ
だいいちせだいコンピュータ
first generation computer

主要素子として真空管を利用した,創成期の時代のコンピュータトランジスタを利用した第2世代コンピュータや,集積回路を組み込んだ第3世代コンピュータと区別するときの総称。真空管を使用した最初のコンピュータはENIAC (1946) である。 ENIACは卓上型計算機の歯車の代わりに真空管を利用したため,計算速度は一段と高まり,加減算で1万分の2秒,乗除算で1万分の 23秒という速さであった。その後,種々のコンピュータが生まれたが,トランジスタの出現で,第1世代コンピュータは 1956年頃終わりを告げた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

第1世代コンピュータの関連キーワード第五世代コンピューター第5世代コンピューター

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android