第2新卒者(読み)だいにしんそつしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第2新卒者
だいにしんそつしゃ

企業が新入社員を採用するときの応募者の分類の一つで,大学卒業後3年以内の層をこう呼ぶ。終身雇用に対する意識の変化で,簡単に会社をやめる若者がふえてきていることや,転職に暗いイメージがもたれなくなったことなどが背景にあると思われる。民間の就職情報機関の調査によると,20歳代社員の3人に1人は転職経験者といわれ,入社2年目に転職するケースが最も多い。採用企業側も人手不足だったバブル期には,これらの第2新卒者を新卒者並みに扱ってきた。しかし,バブルが崩壊し景気後退局面に入るとともに,第2新卒者としての転職はむずかしくなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android