転職(読み)てんしょく

精選版 日本国語大辞典 「転職」の意味・読み・例文・類語

てん‐しょく【転職】

〘名〙
① 他の職業にかわること。転業
暴風(1907)〈国木田独歩〉二「判事に転職(テンショク)するまでは全くの安心とは行かないと言った」
官吏官名が同一のまま一つの職から他の職にかわること。裁判官の場合転所と呼ばれる。〔布令必用新撰字引(1869)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「転職」の意味・読み・例文・類語

てん‐しょく【転職】

[名](スル)他の職に変わること。「会社員自営業転職する」
[類語]転勤転任栄転都落ち赴任

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の転職の言及

【職業安定法】より

…各人に能力に応じた適当な職業に就く機会を与えることによって就職や転職の円滑化を図ることを目的とする法律。職安法と略する。…

※「転職」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

閏日

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400年に 97回閏日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽暦は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリ...

閏日の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android