第3次産業活動指数(読み)だいさんじさんぎょうかつどうしすう(英語表記)index of tertiary industries' activity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第3次産業活動指数
だいさんじさんぎょうかつどうしすう
index of tertiary industries' activity

第3次産業の活況の程度を表す指標であり第3次産業に属する各業種の生産活動状況を示す時系列を,各業種の相対的重要度を表す尺度 (付加価値額ウエート) により総合したものである。この指数は,日本経済における第3次産業のウエートの高まりに伴い,その動向を的確に把握しうる2次統計として 1974年に開発が着手され,78年 10月から本格的に公表された。現在は 85年基準であり,「月刊経済報告」でも使用されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第3次産業活動指数の関連情報