コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第3腓骨筋 だいさんひこつきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第3腓骨筋
だいさんひこつきん

下腿伸筋の一種で,長指伸筋の下外側部が独立したもの。長,短腓骨筋に次いで3番目の腓骨筋という意味である。主として下腿筋間中隔の下部,そして一部は腓骨の前縁から起り,伸筋支帯を通り,足背に出て第5中足骨の底部背側につく。深腓骨神経に支配され,足を回外し,背屈する働きをする。欠如することも多く,その頻度は日本人 4.5%,白人8%,黒人9%との報告があり,人種的差異があるといわれる。 (→筋の変異 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

第3腓骨筋の関連キーワード変異

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android