コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第4エズラ記 だいよんエズラきThe Fourth Book of Ezra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第4エズラ記
だいよんエズラき
The Fourth Book of Ezra

旧約聖書外典『エスドラ第2書』。1世紀の終り頃,『ヨハネの黙示録』とほぼ同時代にヘブライ語ないしアラム語で書かれた黙示録。ウルガタ訳の巻末に集録されている。本書はユダヤ教黙示文学の一つの頂点を形成するものであり,著者はエルサレムの破壊から生じた神学的問題に深い関心をもつ。エズラが見たという7つの幻によって構成され,ユダヤの民が苦難の歴史を続ける理由,神によって義とされることの意味,メシアが地上の権力者や敵を滅ぼすことなどが告げられる。 (→第2エズラ記 , 第3エズラ記 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報