コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第4山の手 だいよんやまのてthe forth uptown of Tokyo

1件 の用語解説(第4山の手の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第4山の手
だいよんやまのて
the forth uptown of Tokyo

東京都の西南部,都心から 30~40km圏の郊外住宅地。三多摩,川崎市・横浜市の内陸部,藤沢市,茅ヶ崎市などの主として 1960年代後半以降に開発された新興住宅地を指す。明治以降の東京の膨張を「山の手の西進」として見た場合の呼称で,本郷界隈を第1山の手,四谷・市ヶ谷から青山・麻布にかけてを第2山の手,世田谷・目黒・杉並を第3山の手としている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone