コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第4山の手 だいよんやまのてthe forth uptown of Tokyo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第4山の手
だいよんやまのて
the forth uptown of Tokyo

東京都の西南部,都心から 30~40km圏の郊外住宅地。三多摩,川崎市横浜市の内陸部,藤沢市茅ヶ崎市などの主として 1960年代後半以降に開発された新興住宅地を指す。明治以降の東京の膨張を「山の手西進」として見た場合の呼称で,本郷界隈を第1山の手,四谷市ヶ谷から青山・麻布にかけてを第2山の手,世田谷・目黒・杉並を第3山の手としている。第4山の手は西進する東京の最前線ということができ,大規模分譲地の造成,大型ショッピング・センターや業務施設の進出などが相次いでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android