コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目黒/眼黒 メグロ

5件 の用語解説(目黒/眼黒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

め‐ぐろ【目黒/眼黒】

目の中央の黒い部分。黒目。
スズメ目ミツスイ科の鳥。全長14センチくらい。背面は灰褐色がかった黄緑色で、下面が黄色く、目の周辺に黒い三角形の斑がある。小笠原諸島にのみ分布し、花や実の蜜を好む。特別天然記念物
マグロの小さいもの。めぐろうお。
「―のせんば煮を盛る時、骨、頭(かしら)を選(え)りて」〈浮・五人女・一〉

めぐろ【目黒】[地名]

東京都の区名。北部を目黒川が流れる。住宅地。目黒不動祐天寺がある。人口26.9万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

めぐろ【目黒】

東京都南部の地名で,特別区としての名称でもある。現在,区部の人口は24万3100(1995)。古くは〈免畔〉とも記した。武蔵野台地の南東部を占め,目黒川をはじめとする河川が台地を刻み,坂が多い。地名の起りは諸説あってはっきりしないが,古くから目黒不動(滝泉寺)の所在地として知られ,とくに寛永年間(1624‐44)徳川家光によって普請がなされてからは,江戸市民の行楽地としてにぎわった。江戸市中へキュウリやたけのこなどの野菜を供給し,将軍家の鷹場も置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

めぐろ【目黒】

スズメ目ミツスイ科の小鳥。スズメ大で背面は暗緑色、腹面は黄色で、目の周囲に黒い三角斑がある。森林にすみ、花蜜を吸ったり昆虫を食べる。小笠原諸島特産。特別天然記念物。オガサワラメジロ。
まぐろの小さいもの。めじか。 「 -のせんば煮/浮世草子・五人女 1

めぐろ【目黒】

東京都二三区の一。二三区の南西部にある。住宅・商業地区。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

目黒/眼黒の関連キーワード今戸歌舞伎町京橋コロンビア特別区特別区元町夢の島永田町特別区民税麴町

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone