コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第4次改定栄養所要量 だいよんじかいていえいようしょようりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第4次改定栄養所要量
だいよんじかいていえいようしょようりょう

栄養所要量とは,人間が健康に発育発達し,健康を維持し病気を予防するために標準となるエネルギーおよび栄養素の望ましい1日当たりの摂取量のこと。年齢,性別,生活内容により細かく分類された表で示されている。 1969年に初めて示され,その後日本人の体位の向上や医学・栄養学に関連する新しい知見に基づき,5年おきに改定されてきた。第4次改定栄養所要量は 90年度から 95年度の5年間に使用されるもの。特徴としては,(1) 生活活動指数や簡単なエネルギー所要量の計算方法が示されたこと,(2) マグネシウムビタミンEの目標摂取量が示されたこと,(3) 60歳代,70歳代の年齢区分を 10歳から5歳刻みに細分化したこと,などがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android