コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹倉明 ササクラアキラ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笹倉明 ささくら-あきら

1948- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和23年11月14日生まれ。広告代理店勤務,フリー記者をへて作家活動にはいる。昭和55年「海を越えた者たち」で注目され,63年「漂流裁判」でサントリーミステリー大賞。平成元年外国人に対する差別問題をえぐりだす「遠い国からの殺人者」で直木賞をうけた。兵庫県出身。早大卒。著作はほかに「復権」「愛闇殺(あいやみさつ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

笹倉明の関連キーワードたこ八郎昭和海峡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笹倉明の関連情報