笹葉藻(読み)ササバモ

デジタル大辞泉の解説

ささば‐も【×笹葉藻】

ヒルムシロ科の多年草。河川の流水中に生える沈水植物。葉は長さ10~20センチで細長く、しわがある。夏、葉の付け根から花柄を出し、黄緑色の小花をつける。さじばも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ささば‐も【笹葉藻】

〘名〙 ヒルムシロ科の多年草。各地の河川の流水中に生える。地下茎があり、一節おきに水中茎を出し、長さ一・五メートルぐらいになる。葉は柄をもち長さ一〇~二〇センチメートルの線状長楕円形で縁はやや波状にちぢれる。夏、葉腋(ようえき)から花茎をのばし、長さ二~五センチメートルの円柱形で黄緑色の花穂をつける。さじばも。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android