コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈水植物 チンスイショクブツ

世界大百科事典 第2版の解説

ちんすいしょくぶつ【沈水植物 submerged plant】

水草のうち,植物体全体が水面下にあり,根は水底に固着している植物。水は光をよく吸収するので,水中では深くなると光が届かなくなる。沈水植物の中で最も耐陰性があり深くまで分布するのはシャジクモ・フラスコモ(車軸藻)類であるが,それでも湖沼の夏季の透明度(直径25cmの白色円板が水中で見えなくなる深度)の2倍程度(相対照度で約1%)が分布下限になる。湖で水草が岸から沖へ帯状に分布する時,沈水植物帯は抽水植物帯や浮葉植物帯よりも沖にできる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちんすいしょくぶつ【沈水植物】

植物体全体が水中にあり、固着生活を営む水生植物。クロモ・エビモ・シャジクモなど。水中植物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の沈水植物の言及

【湖沼】より

… 自然の湖沼は,深さと大きさの差から,湖,沼,沼沢,池などに分けられている。湖は湖底までの水深が5m以上あり,湖岸寄りの浅い所に,植物の全体が水中にあるクロモ,フサモなどの沈水植物が生育しているものをいう。沼とは湖よりも浅く水深2m以下で,湖の中央部まで沈水植物が生育しているものをいう。…

【水草】より

…水生植物のことで〈みずくさ〉ともいう。植物体全体が水中にあり,根が水底についているクロモ,エビモなどの沈水植物と,ジュンサイ,ヒルムシロなどの水面に浮かぶ葉をもつ浮葉植物floating‐leaved plant,ガマ,ハスなどの葉や茎が水面上にでる抽水植物emergent plant(挺水植物ともいう),根が水底につかず,植物体全体が水面や水面下で浮遊するウキクサ,タヌキモなどの浮水植物floating plantからなる。淡水産の高等植物に限る場合と,アマモなどの海水産の高等植物や大型藻類まで含める場合がある。…

※「沈水植物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沈水植物の関連キーワードマツモ(沈水植物)キンギョモ塩生植物浮葉植物湖沼汚濁湖沼の死水中植物尾瀬沼水媒花笹葉藻群落帯淡水草茂幡毛波黒藻藻葉藻菜

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android