筆掛・筆架(読み)ふでかけ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 筆を倒して、もたせかけておく道具。筆もたせ。ひっか。〔和英語林集成(再版)(1872)〕
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉下「これに種々硯だの、水滴だの、筆架(フデカケ)文鎮のやうなものを列べて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android