筆親(読み)フデオヤ

精選版 日本国語大辞典の解説

ふで‐おや【筆親】

〘名〙 (「筆」は鉄漿(かね)をつける羽筆の意) 室町時代ごろから、女子が成人した印として、初めて鉄漿をつけてお歯黒にする時、その世話をする女性。お歯黒親。鉄漿親。筆がしら。
※浮世草子・色道大皷(1687)四「含歯黒(くくみがね)の筆おや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の筆親の言及

【鉄漿】より

…その後,若者との交際が認められたのである。また,初鉄漿のおりには鉄漿親,鉄漿付け親,筆親などと呼ばれる女性,もしくは1組の夫婦との間に擬制的親子関係を結ぶ慣習も広くみられた。鉄漿親としては親類の者とか,村内の中年以上の適当な女性が選ばれるが,婚礼時の初鉄漿の場合には仲人が兼ねることが多かった。…

※「筆親」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android