等量曲線(読み)とうりょうきょくせん(英語表記)isoquant

翻訳|isoquant

世界大百科事典 第2版の解説

とうりょうきょくせん【等量曲線 isoquant】

ある企業または経済のもっている技術のうち,一定の生産物を産出するための2種類の投入物間の技術的代替の可能性を表した曲線。等生産量曲線,等産出量曲線とも呼ばれる。たとえば,100tの小麦を作るのに必要な労働力と農業機械数には,他の投入物(土地,肥料等)を一定としても,さまざまな組合せが考えられる。これらの組合せの軌跡が等量曲線であり,生産量が変化したり,他の投入物の投入量が変化すれば,等量曲線の形状も変化する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android