コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限界代替率 げんかいだいたいりつ marginal rate of substitution

3件 の用語解説(限界代替率の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

限界代替率
げんかいだいたいりつ
marginal rate of substitution

J.ヒックスが『価値と資本』 (1939) で用いた概念。2つの財の代替関係を限界効用の比率で表わすもの。A,B2つの財の消費によってある効用水準を達成しようとする場合,AとBのさまざまな組合せが考えられるが,Aの消費を1単位減らした場合,もとの効用水準を維持あるいは補償するためには,Bの消費をどれだけふやしたらよいかを表わす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げんかいだいたいりつ【限界代替率 marginal rate of substitution】

消費者の嗜好を表す指標の一つ。いま,ある消費者がある財の組合せを消費しているとしよう。このとき,ある財(X)の消費を1単位増加させるとこの消費者の満足(効用)は増加するから,別の財(Y)の消費を減らしても,当初の効用水準を保つことができる。当初の財の組合せと同じ効用を与える(当初の組合せと無差別にする)ようなYの消費の減少量を,XYに対する限界代替率と呼ぶ。つまり,限界代替率(MRS)とは,X財の消費1単位と交換してもよいとその消費者が考えるY財の量であり,したがって,この消費者が現在の消費の組合せのもとで,Y財に比べてX財をどのくらい好んでいるかを表す指標である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

限界代替率
げんかいだいたいりつ
marginal rate of substitution

消費者が財を消費するとき、ある財yを少量(Δy)だけ減らし、別の財xを少量(Δx)だけ増加させれば、すなわち、y財をx財と代替させれば、以前と同じ満足度を維持することが可能となる。このとき、xyとの正の比率(-Δy/Δx)をxに対するyの「限界代替率」という。消費者が効用を極大化するためには、xに対するyの限界代替率がx財とy財の価格比に等しくならなければならない。なお、限界代替率は、グラフでは無差別曲線の勾配(こうばい)として示される。
 消費者の効用を極大化するためには、限界効用均等の法則が成立すればよい。しかしながら、J・R・ヒックスは、個人の主観的な満足度の尺度である限界効用は恣意(しい)的であるとして、限界効用の比のかわりに限界代替率を用いれば、この恣意性を除去できると主張している。[畑中康一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

限界代替率の関連キーワード協調フィルタリングBODアクセス経験BRQCODTOD消費者態度指数嗜好尺度消費者包装日本消費者協会

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone