筋萎縮性側索硬化症治療剤(読み)キンイシュクセイソクサクコウカショウチリョウザイ

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版の解説

筋萎縮性側索硬化症治療剤

製品名
《リルゾール製剤》
リルゾール(ダイト、あすか製、武田薬品工業、ニプロESファーマ)
リルテック(サノフィ)

 神経細胞を保護する作用があり、筋萎縮性側索硬化症の治療及び病気の進展を抑制するために用いられます。


発疹ほっしんなどの過敏症状、アナフィラキシー、重篤な好中球減少、間質性肺炎、肝機能障害黄疸おうだんをおこすことがあります。


 このような症状がおこったときは使用を止め、すぐ医師に相談してください。


②吐き気・嘔吐おうと、食欲不振、便秘、下痢げり、腹痛、無力感、めまい、頭痛、関節炎、体重減少、赤血球減少などが現れることがあります。


 こうした症状が現れたときは、医師に相談してください。


錠剤で、1日2回、朝と夕食前に服用するのが原則です。


 かってな判断で増量・減量したりせず、医師・薬剤師の指示をきちんと守ってください。


 また、服用するときは必ずコップ1杯以上の水で飲んでください。


②重い肝機能障害、妊婦または現在妊娠している可能性のある人、過敏症をおこしたことのある人は使用できません。このような人は、あらかじめその旨を医師に報告してください。


 また、肝機能異常をおこしたことのある人、肝機能障害のある人、発熱があり、感染症の疑いがある人、腎機能が低下している人は使用できないことがあります。あらかじめ医師に報告してください。


③現在ほかの薬を使っていたり、この薬を使用中にほかの薬を使用する必要が生じたときは、必ず医師に相談してください。

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android