コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝機能障害 カンキノウショウガイ

デジタル大辞泉の解説

かんきのう‐しょうがい〔‐シヤウガイ〕【肝機能障害】

肝臓が何らかの障害によって正常に機能しなくなること。血液中のGOTGPTγ-GTP、LDH、コリンエステラーゼなどの値で障害の程度を判断する。軽度の肝機能障害の場合、自覚症状がないことが多いが、進行すると食欲不振・全身倦怠感・黄疸などの症状が現れる。放置すると肝炎肝硬変肝臓癌(かんぞうがん)などに進行するおそれがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

肝機能障害の関連キーワードポリフェノール・ゴマリグナン・イソフラボンロキソプロフェンナトリウムアルコールによる心の病気サイトメガロウイルス感染バッドキアリー症候群急性移植片対宿主病伝染性単球増加症ガラクトース血症精巣(睾丸)腫瘍総合健診センターウロビリノーゲンボセンタン水和物アルコール依存症エキノコックス症ボリコナゾールブイフェンド錠日本住血吸虫症シクロスポリン胆嚢炎/胆管炎プラセンタ療法

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肝機能障害の関連情報