コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錠剤 じょうざい tablet

翻訳|tablet

6件 の用語解説(錠剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

錠剤
じょうざい
tablet

剤形の一つ。粉末あるいは結晶性の薬品をそのまま,あるいは乳糖,白糖などの賦形剤や,アラビアゴムデンプンなどの結合剤を加え,薬局方の規定に即して,一定量を一定形に圧縮したものをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ざい〔ヂヤウ‐〕【錠剤】

医薬品を一定の形状に圧縮して服用しやすくしたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

錠剤【じょうざい】

薬物を,デンプンなどの賦形剤,結合剤などとともに圧縮し,板状や球状に製したもの。糖衣でくるみ飲みやすくしたり,美観,品種の判別などのため着色することもある。胃で溶けず,腸で溶けるようにした錠剤や,口中で徐々に溶かす口腔錠,2種以上の薬が別々に作用する多層錠,用時溶かして用いる注射錠などがある。
→関連項目タブレット

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

錠剤

 薬物を小さい粒に成型したもの.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じょうざい【錠剤】

医薬品をそのまま、または乳糖などの適当な添加剤を加えて、一定の形状に圧縮して飲みやすくしたもの。タブレット。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

錠剤
じょうざい

医薬品を一定の形状に圧縮して製したものをいう。錠剤には圧縮錠剤と湿性錠剤の二つがある。湿性錠剤は、原料を混合し、湿らせて型に入れ成型し、乾燥して製する錠剤で、現在ではほとんどみられない。圧縮錠剤は、打錠機の進歩とともに急速に発展してきている。圧縮錠剤の製法には湿式法、乾式法、直打法、セミ直打法の4種があり、セミ直打法が多くなってきている。
 錠剤の特徴としては次のようなことがあげられる。
(1)服用に便利である。ただし、乳幼児や高齢者には不適当である。
(2)服用量を正確に保持できる。
(3)調剤、携帯、貯蔵に便利である。
(4)持効性製剤ができる。
 錠剤の種類には、その用途から、内用を目的とした内服錠、口腔(こうくう)錠、沸騰錠、チュアブル錠、調剤錠と、外用を目的とした溶解錠、腟(ちつ)錠、そして注射用錠剤である注射錠、試薬を錠剤とした試薬錠がある。内用の主たるものは内服錠であり、服用しないものとして口腔錠とトローチがある。口腔錠は口腔粘膜からの薬物の吸収を目的とし、舌下錠とバッカルの二つがある。沸騰錠は水に入れて発泡させるもの、調剤錠は現在ほとんど使用されていない。チュアブル錠はよくかんで砕いて服用する。注射錠は植え込み錠(ペレット)ともいい、ホルモン剤があったが、現在は使用されていない。また、錠剤を剤皮の有無とその種類、目的から分類すると、裸錠(素錠)、糖衣錠、膠衣(こうい)錠、フィルムコーティング錠、腸溶錠、徐放錠、持効錠、復効錠(繰り返し効果の現れる錠剤)、遅効錠、多層錠(積層錠)、有核錠(親子錠)などがある。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の錠剤の言及

【製剤】より


[製剤の種類]
 剤形は《第十改正日本薬局方》の製剤総則に26種記載されているが,局方外にも数種の剤形がある。 内服する,つまり経口投与される製剤は,エキス剤,エリキシル剤,カプセル剤,顆粒剤,丸剤,懸濁剤,細粒剤,散剤,酒精剤,錠剤,シロップ剤,浸剤・煎剤,チンキ剤,芳香水剤,リモナーデ剤,流エキス剤である。よく用いられる錠剤,カプセル剤を例にとると,服用後,消化管内において崩壊→分散→溶出のプロセスを経て,消化管粘膜で吸収される。…

【薬剤学】より

…この〈使用に適した形〉にすることを製剤加工といい,製剤加工したものを剤形と呼ぶ。その種類は,錠剤,注射剤,座剤,軟膏剤,チンキ剤,トローチ剤等,日本薬局方に規定されているものだけで27種類もある。さらに錠剤には,裸錠,糖衣錠,多層錠,有核錠,腸溶錠等がある。…

※「錠剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

錠剤の関連キーワード澱粉質賦形剤化工デンプンカルボキシメチルデンプンナトリウムクズデンプン酸化デンプン地下デンプン地上デンプンリン酸デンプン化工デンプン(化工澱粉)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

錠剤の関連情報