コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箕浦氏 みのうらうじ

世界大百科事典 第2版の解説

みのうらうじ【箕浦氏】

近江の中世武士。近江国坂田郡箕浦(今の滋賀県坂田郡近江町)を本拠とする。清和源氏源義光子孫で,山本義経の子義明が箕浦冠者と称している。義光は園城寺をはじめ近江と関係が深く,その子孫は,常陸に土着して佐竹氏となったもののほかは,多くは近江,とくに湖東地方で栄え,山本(東浅井郡湖北町),柏木(甲賀郡水口町),箕浦,錦織(大津市)の諸氏となった。平安後期には源為義に従っていたようであり,保元の乱(1156)に敗れた為義が大津から舟で箕浦に渡ったという風聞があったし,《保元物語》の一本によれば,箕浦は為義の所領であったともいう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報