箕浦節山(読み)みのうら せつざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

箕浦節山 みのうら-せつざん

1750-1836 江戸時代後期の儒者。
寛延3年生まれ。箕浦靖山(せいざん)の子。因幡(いなば)鳥取藩士。寛政2年(1790)父のをついで学館奉行となる。藩主池田斉邦(なりくに)が世子のとき側役をつとめ,重用された。天保(てんぽう)7年2月7日死去。87歳。名は徳胤。(あざな)は恒夫。通称は東蔵,太冲。著作に「対人論易書」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android