コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箕浦節山 みのうら せつざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

箕浦節山 みのうら-せつざん

1750-1836 江戸時代後期の儒者。
寛延3年生まれ。箕浦靖山(せいざん)の子。因幡(いなば)鳥取藩士。寛政2年(1790)父の跡をついで学館奉行となる。藩主池田斉邦(なりくに)が世子のとき側役をつとめ,重用された。天保(てんぽう)7年2月7日死去。87歳。名は徳胤。字(あざな)は恒夫。通称は東蔵,太冲。著作に「対人論易書」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

箕浦節山の関連キーワードビュヒナー(Karl Georg Büchner)聖ミヒャエリス教会トーマス教会ウェールズ文学怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)ザンド朝華岡青洲ハーシェル(Sir Frederick William Herschel(1738―1822))ヒッタイトヒッタイト美術

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone