コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

算当 サントウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐とう〔‐タウ〕【算当】

[名](スル)計算しておよその見当をつけること。
「ひきあわなければ追いだすまでと爺さんは胸のうちで―した」〈中勘助・鳥の物語〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんとう【算当】

( 名 ) スル
勘定すること。また、勘定をしておよその見当をつけること。 「其数少なくして-に合はぬなり/学問ノススメ 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

算当の関連キーワード学問ノススメ細川護煕中村時雄横路孝弘松野頼三江田五月麻生良方西銘順治桜内義雄勘定

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android