算田(読み)さんでん

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐でん【算田】

〘名〙
① (━する) 荘園で春ごとに田地を田堵(たと)に割り当てること。
② 請作に出すことのできる田地。
※大乗院寺社雑事記‐文正元年(1466)四月一一日「若槻庄隠田分少々神木立之。為算田也」
③ (━する) 田地を検田すること。
※大乗院寺社雑事記‐応仁元年(1467)五月一五日「其後算田之間、八反分出顕了」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android