コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検田 ケンデン

3件 の用語解説(検田の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けん‐でん【検田】

田の面積や品等を検査すること。検注。
「田に立ちて―する間に」〈今昔・一七・五〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けんでん【検田】

農耕地の熟不,退転や,面積,品位,境界,作人などを調査し,正すこと。校田ともいい,中世以降は検注検地ともいう。検田の用例としては,737年(天平9)の〈豊後国正税帳〉に〈壱度検田熟不〉とあるのが早い例と思われるが,校田はそれより早く《日本書紀》(720成立)の大化1年8月条に見える。古代では検田は諸道巡察使がその任務としたほか,班田収授法の成立にともない,班田に先だって検田が行われ,校田図が作成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けんでん【検田】

( 名 ) スル
田地の面積・等級などを調べること。また、それをする人。検注。 「国に下りて田に立ちて-する間に/今昔 17

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の検田の言及

【校田】より

…校はしらべるの意。まれに検田ともいう。《日本書紀》によれば,大化改新に際して645年(大化1)8月に東国の国司に命じて田畝を校(挍)せしめたとされるが,これが最初である。…

【国検】より

…国衙検注または国司検注の略称。古代では,国司は徴税の正確を期するためにしばしば検田使などを派遣し,管国内の公領の面積・税額・名請人(担税者)などの実情を調査させた。これが国検であり,その行為を検注検田などと呼んだ。…

【図師】より

…彼らは田畠などの所在を熟知し,主として土地支配の台帳類の作成などにあたった。一国単位でなされた検田や検畠に際しては,条里坪付に詳しい彼ら図師たちが実際の検注作業を担当した。1158年(保元3)5月の山城国の一国検田では,〈検注図師〉として〈内蔵助元〉などの名がみられる。…

【本所】より

…もちろん,《沙汰未練書》に〈本家トハ本領主御事也〉という規定もあるように,本家と本所がほぼ同様な意味合いで使われていることをすべて否定するものではない。 本所のもつ荘務権は,本来公領(国衙領)に対する国衙の支配権=国務を分割継承した権限で,(a)検田権,(b)勧農権,(c)検断権から構成されていたと考えられている。(a)検田権は,荘園内の田畠などを検注し耕地の所有関係の再編成などを行う権利で,土地領有の体制である荘園制にとって一番基本的な権限である。…

※「検田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone