コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箱根丸 はこねまる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

箱根丸
はこねまる

日本郵船所属のコンテナ船。 1968年三菱神戸造船所で建造された。1万 6240総t (1万 9636重量t) ,航海速力 22.6kn,乗組員 27人。船型は平甲板型。日本とカリフォルニアを結ぶ,日本のコンテナ第1号船。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の箱根丸の言及

【コンテナー船】より

… コンテナー船は流通機構の改善と荷役効率の向上を図るため,1956‐57年,アメリカで開発された。その後国際的なコンテナー輸送網の整備に伴い,68年,アメリカでフルコンテナー船が出現し,日本でも同年,太平洋航路に箱根丸(752個積み)が就航してコンテナー船時代に入り,従来の一般大型貨物船は姿を消した。貨物船【坂本 和哉】。…

※「箱根丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

箱根丸の関連キーワード三菱重工業神戸造船所

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

箱根丸の関連情報