コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箱海老 ハコエビ

デジタル大辞泉の解説

はこ‐えび【箱海老】

イセエビ科のエビ。水深30~200メートルの砂泥底にすむ。体長36センチくらい。イセエビに似るが、頭胸甲は箱形で、朱赤色。本州中部以南に分布食用になる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はこえび【箱海老】

海産のエビ。体長35センチメートルに達する。頭胸部の甲は箱形で、紫赤色の地に黄白色の不規則な斑紋がある。第二触角は扁平で太い棒状。食用。房総半島以南に分布。ドロエビ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

箱海老 (ハコエビ)

学名:Linuparus trigonus
動物。イセエビ科のエビ

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

箱海老の関連キーワードドロエビ頭胸部斑紋海産

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

箱海老の関連情報