コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢海老/伊勢蝦 イセエビ

デジタル大辞泉の解説

いせ‐えび【×勢海老/××蝦】

十脚目イセエビ科の甲殻類。岩礁にすむ大形のエビで体長約35センチに達する。宮城県北部から南の太平洋岸に分布。名は、もと伊勢湾で多くとれたことに由来。美味。祝儀用や正月の飾り物に用いられる。 新年》「―や四海の春を家の内/冬葉」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いせえび【伊勢海老】

海産のエビ。大形で、体長35センチメートルに達する。一対の柄のある目、五対の脚と大きな尾をもち、一対の触角はむち状で長い。全身が赤褐色。姿も美しく豪華なので、祝儀用の飾りに用いる。美味。主に茨城県以西の太平洋岸に分布。かまくらえび。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

伊勢海老 (イセエビ)

学名:Panulirus japonicus
動物。イセエビ科のエビ

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

伊勢海老/伊勢蝦の関連キーワード蓬莱飾り・蓬萊飾り全国丼サミット鎧焼き・鎧焼舟盛り・舟盛細工昆布熊本健吾赤褐色鏡開き触角一対海産志摩

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android