伊勢海老/伊勢蝦(読み)イセエビ

デジタル大辞泉の解説

いせ‐えび【×勢海老/××蝦】

十脚目イセエビ科の甲殻類。岩礁にすむ大形のエビで体長約35センチに達する。宮城県北部から南の太平洋岸に分布。名は、もと伊勢湾で多くとれたことに由来。美味。祝儀用や正月の飾り物に用いられる。 新年》「―や四海の春を家の内/冬葉」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いせえび【伊勢海老】

海産のエビ。大形で、体長35センチメートルに達する。一対の柄のある目、五対の脚と大きな尾をもち、一対の触角はむち状で長い。全身が赤褐色。姿も美しく豪華なので、祝儀用の飾りに用いる。美味。主に茨城県以西の太平洋岸に分布。かまくらえび。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

伊勢海老 (イセエビ)

学名:Panulirus japonicus
動物。イセエビ科のエビ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いせ‐えび【伊勢海老】

〘名〙 イセエビ科の一種。茨城県から九州までの太平洋岸の岩礁に多くすむ。雄は体長三◯センチメートル以上になるが、雌は雄より小形である。体は円筒状で、尾部は扁平に近く、体色は濃褐色。頭胸部の甲羅は特に堅く、表面に多くのとげがある。第二触角は体よりも長い。五対の胸脚にははさみがない。肉は美味でいろいろな料理に用いられるほか、祝儀の際にも用いられる。漁期は一〇月から翌五月頃。かまくらえび。《季・新年》〔料理物語(1643)〕
[補注]季語としては、「伊勢海老飾る」「伊勢海老祝う」などの形でも用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android