伊勢海老/伊勢蝦(読み)イセエビ

デジタル大辞泉の解説

いせ‐えび【×勢海老/××蝦】

十脚目イセエビ科の甲殻類。岩礁にすむ大形のエビで体長約35センチに達する。宮城県北部から南の太平洋岸に分布。名は、もと伊勢湾で多くとれたことに由来。美味。祝儀用や正月の飾り物に用いられる。 新年》「―や四海の春を家の内/冬葉」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いせえび【伊勢海老】

海産のエビ。大形で、体長35センチメートルに達する。一対の柄のある目、五対の脚と大きな尾をもち、一対の触角はむち状で長い。全身が赤褐色。姿も美しく豪華なので、祝儀用の飾りに用いる。美味。主に茨城県以西の太平洋岸に分布。かまくらえび。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

伊勢海老 (イセエビ)

学名:Panulirus japonicus
動物。イセエビ科のエビ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android