コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

節会相撲 せちえずもう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

節会相撲
せちえずもう

平安時代に宮中で行なわれた節会儀式の一つ。射礼 (じゃらい) ,騎射 (きしゃ,うまゆみ) とともに宮中行事三度節とされた (『延喜式』) 。神亀5 (728) 年聖武天皇が諸国の郡司に命じて相撲人 (すまいびと) を推挙させ,宮廷において左右対抗相撲を行なわせた。天平6 (734) 年7月7日の相撲天覧が端緒となり,弘仁年間 (810~824) から相撲節 (すまいのせち) として恒例となり,承安4 (1174) 年まで三百数十年間続いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

節会相撲の関連キーワード吉田追風(19代)当麻蹶速平安時代建礼門関脇

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android