コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

射礼 じゃらい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

射礼
じゃらい

弓道における礼式としての射法。奈良,平安時代から朝廷行事として祭祀式典などの場で奉納の形として行なわれた。奉射大式,百々手式,草鹿 (くさじし) などがあり,今日でも神社などで行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゃ‐らい【射礼】

主に平安時代に宮中で行われた年中行事。正月17日に豊楽院(ぶらくいん)または建礼門の前で、天皇臨席のもとに親王以下五位以上および六衛府官人が参加して射技を披露したもの。終了後には宴が開かれ、禄を賜った。大射(たいしゃ)。

しゃ‐れい【射礼】

じゃらい(射礼)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゃらい【射礼】

正月17日,建礼門前において行う弓の技を試みる行事。大射ともいう。親王以下,五位以上,六衛府の者が集合し,天皇は豊楽院で観覧する。まず五位以上が,次いで衛府の射手が射つ。鉦鼓をならし,的中は音で知らせ,優秀な者に賞をたまわる。670年(天智9)より恒例となる。これに先立ち,15日に兵部省で〈兵部手結(てつがい)〉と称し予行し,射手を選出する。当日遅れた者は射遺(いのこし)と称し,翌日行う。手結山中 裕】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゃらい【射礼】

中国伝来の朝廷の年中行事。陰暦正月17日に建礼門で行われた射儀。天皇臨席のもと、親王以下五位以上の者、六衛府の官人らが順に弓を射て、能射の者が禄を受けた。平安時代に盛行。大射。しゃれい。

しゃれい【射礼】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

射礼
じゃらい

平安時代、正月17日に建礼門前で行う弓の儀式。親王以下、五位以上および左右近衛(このえ)、左右兵衛(ひょうえ)、左右衛門の官人が弓を射る。天皇が豊楽院(ぶらくいん)に臨御され、御覧になる。まず鉦鼓(しょうこ)を打ち鳴らし五位以上の者が射、次に諸衛府の射手が射る。うまい射手には禄(ろく)を賜り、天皇が群臣に宴を賜る。
 当日の2日以前に手結(てつがい)(手は射手、結は順番。射る順序を決めること)をするための予行演習が兵部省で行われる。清寧(せいねい)天皇4年に始まったとされるが、儀式として整ったのは天武(てんむ)天皇4年(675)正月17日。この日参加しない者は、五位以上は新嘗祭(にいなめのまつり)に参列することを許されず、六位以下は季禄(給料)をもらうことができなくなるという。後光厳(ごこうごん)天皇の応安(おうあん)(1368~75)以後は廃絶した。[山中 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の射礼の言及

【手結】より

…射術を競う朝廷の年中行事である射礼(じやらい),賭射(のりゆみ),騎射(うまゆみ)の前に行う武芸演習をいう。手は射手,結は番(つがう)(2人を組み合わせる)の意味。…

※「射礼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

射礼の関連キーワード真手結・真手番手結・手番御弓の奏小笠原流細川頼春阿礼の幡節会相撲紀興道射場始弓場始紀勝長破魔矢弓太郎弓次郎儀礼らい歩射盛行相撲賭弓

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

射礼の関連情報