コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠原温亭 しのはら おんてい

2件 の用語解説(篠原温亭の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

篠原温亭

俳人、小説家。本名英喜。別号松濤・家巣等。京都本願寺文学寮に学び、上京して国民新聞社に入る。俳句は子規・虚子に学び、句作と共に小説も書き「不知火」の著がある。文学にも関心を持ちホトトギスに『最初の写真』を発表し好評を博した。温厚寡黙な人柄で衆に逆らわず淡白高雅の風は句にも、写生文にも現れている。歿後『土上』は青峰が継承して昭和に入ってもその血脈を伝え、句集『温亭句集』が刊行された。大正15年(1926)歿、55才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠原温亭 しのはら-おんてい

1872-1926 明治-大正時代の俳人。
明治5年2月1日生まれ。国民新聞文芸部に勤務。「ホトトギス」で正岡子規,高浜虚子にまなび,大正11年嶋田青峰(せいほう)とともに俳誌「土上(どじょう)」を刊行。大正15年9月2日死去。55歳。熊本県出身。本名は英喜。句集に「温亭句集」,随筆集に「その後」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

篠原温亭の関連キーワード天野雨山淡島寒月小林蹴月ブロンテ幸堂得知小説家赤江瀑松濤「恋愛小説家」石川桂郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone