コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篦の木 ヘラノキ

デジタル大辞泉の解説

へら‐の‐き【×篦の木】

シナノキ科の落葉高木。山地自生樹皮灰褐色で縦に裂ける。葉はゆがんだ長卵形。7月ごろ、淡黄色の花を集散状につけ、花序の柄にへら状の苞葉(ほうよう)をもつ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

篦の木 (ヘラノキ)

植物。シナノキ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物。シナノキの別称

篦の木 (ヘラノキ)

学名:Tilia kiusiana
植物。シナノキ科の落葉高木

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android