コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簗田氏 やなだうじ

1件 の用語解説(簗田氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やなだうじ【簗田氏】

下野出身の中・近世武家。平良衡の曾孫家助が下野国簗田郡に住し,その孫氏助が簗田勘解由左衛門尉を称したのが始まりと伝える。足利氏の下級被官で,室町幕府の成立後は代々鎌倉公方に仕え,満助の娘は4代鎌倉公方足利持氏の子成氏を生む。永享の乱(1438)で持氏は滅ぶが,1449年(宝徳1)成氏が鎌倉公方に迎えられ,簗田氏はこれに再び仕えた。関東管領上杉氏,幕府と対立して成氏が下総国葛飾郡古河に移ると(古河公方),満助の子持助は同郡関宿城に拠って成氏を助けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

簗田氏の関連キーワード頼元緒平良野出頭武家華族武家方平良市武家衆武家物韓嶺良雄真仏(2)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone