コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簗田藤左衛門 やなだ とうざえもん

2件 の用語解説(簗田藤左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

簗田藤左衛門 やなだ-とうざえもん

?-? 戦国-織豊時代の商人。
陸奥(むつ)黒川城(福島県)城主蘆名(あしな)盛氏(1521-80)の御用商人となり,領国をでいりする商人から課役を徴収する権利をえる。伊達政宗の時代には関所通行手形の発行権をあたえられた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

簗田藤左衛門

生年:生没年不詳
安土桃山時代の会津商人。簗田氏は,康暦1/天授5(1379)年鎌倉より下向した蘆名氏に従い黒川城下(会津若松市)に移り住み,商人司に任命されたという。天正4(1576)年,同5年に蘆名氏およびその家臣らが藤左衛門宛に出した書状をみると,当時藤左衛門は,会津商人が領内外で商いをする際に巻き込まれたトラブルの解決,移入荷に対する課役の取り立てなどを行っている。自ら商取引を行う商人というよりは,商取引にかかわる役人的色彩の強い者だったといえよう。以後簗田氏は,幕末まで会津領内の商業をたばねる役割を果たしていった。簗田氏には,藤左衛門を襲名した者が3名いたと考えられるが,いずれも安土桃山時代の人物である。<参考文献>「会津若松史」,丸井佳寿子「会津藩に於ける商業統制の変容」(『日本歴史』96,98号)

(丸井佳寿子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

簗田藤左衛門の関連キーワード五辻為仲五辻富仲道恵文閑山岡如軒北小路俊孝安土桃山時代織豊時代桃山時代文禄

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone