コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米倉昌後 よねくら まさのち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米倉昌後 よねくら-まさのち

1784-1812 江戸時代後期の大名。
天明4年9月2日生まれ。肥前唐津(からつ)藩(佐賀県)藩主水野忠鼎(ただかね)の4男。米倉昌由(まさよし)の養子となり,享和3年武蔵(むさし)金沢藩(神奈川県)藩主米倉家6代。半蔵門番,大坂加番,馬場先門番などをつとめた。文化9年4月18日死去。29歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

米倉昌後の関連キーワードティチング第2次英米戦争メリーランド州会議事堂唐来参和フランクリン邦アトウッド市民劇ツンベルクディドロブレー

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone