コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大坂加番 オオサカカバン

大辞林 第三版の解説

おおさかかばん【大坂加番】

江戸幕府の職名。老中支配下で、定員四名。小大名が交代で大坂城の警固にあたった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大坂加番の言及

【加番・加役】より

…江戸幕府では大坂城と駿府城とに城代,定番,在番に添えて加番が置かれた。大坂加番は大名役で,1709年(宝永6)以降は4員。役高2万7000石の山里,1万8000石の中小屋,1万石の青屋口,雁木坂各加番から成り,毎年8月に交代。…

【番】より

…このうち,大番は二条・大坂の各在番(2組ずつ,毎年二条は4月,大坂は8月の交代),書院番は駿府の在番(1組,毎年9月の交代)をも任務とした。このほかには,無役の大名の勤める大坂加番(4人,毎年8月の交代),おなじ大名・旗本の勤める駿府加番(3人,毎年9月の交代)などがあった。加番・加役【北原 章男】。…

【役高】より

…例えば1681年(天和1)越後高田城の請取役を命じられた表高(領知朱印高)10万石の越中富山藩主前田正甫(まさとし)は7万石の役高で勤めるよう指示され,105人分の扶持米を受け取っている。また毎年交代で大坂城を守衛する大坂加番役の場合,はじめは大名の領知高に応じて役高が決められていたが,1746年(延享3)に四つの部署ごとに役高が定められ,合計6万5000石に固定された。加番大名には役高の四つ物成(よつものなり)(4割)の合力米が支給されていた。…

※「大坂加番」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大坂加番の関連キーワード大関高増(2)本多忠寛(1)小笠原貞顕大田原光清大田原富清本庄道倫松平直好本庄道矩土屋利直丹羽氏信黒田直侯黒田直和酒井忠予酒井忠嗣黒田直静牧野康陛内藤長好三宅康勝内藤正国永井尚備

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android