コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米川千嘉子 よねかわ ちかこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米川千嘉子 よねかわ-ちかこ

1959- 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和34年10月29日生まれ。高校教師をつとめるかたわら,馬場あき子主宰の「かりん」に所属する。昭和60年「夏樫の素描」で角川短歌賞。平成元年「夏空の櫂」で現代歌人協会賞。16年「滝と流星」で若山牧水賞。20年「衝立の絵の乙女」で山本健吉文学賞。25年「あやはべる」で迢空(ちょうくう)賞。ゆたかな調べをもつ,ととのった歌が特色。千葉県出身。早大卒。本名は坂井千嘉子。著作に「四季のことば100話」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

米川千嘉子の関連キーワード坂井修一

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android