馬場あき子(読み)ばばあきこ

百科事典マイペディアの解説

馬場あき子【ばばあきこ】

歌人,評論家。本名岩田暁子。東京生れ。日本女子高等学院(現昭和女子大学)卒。歌誌まひる野》に参加,窪田章一郎に師事。第1歌集《早笛》(1955年)以下,《地下にともる灯》(1959年),《桜花伝承》(1977年)など,豊かな感性に根差した独自の歌風の作歌活動を展開。また日本の中世文学(特に能)に造詣が深く,評論には《式子内親王》(1969年),《鬼の研究》(1971年)などがある。1978年《かりん》を創刊,主宰。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬場あき子 ばば-あきこ

1928- 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和3年1月28日生まれ。昭和22年「まひる野」に入会し,窪田章一郎に師事。教員生活ののち,53年夫の岩田正と「かりん」を創刊,主宰。61年「葡萄唐草」で迢空(ちょうくう)賞,平成6年「阿古父」で読売文学賞。12年朝日賞。15年芸術院賞。同年芸術院会員。19年「歌説話の世界」で紫式部文学賞。23年日本歌人クラブ大賞。24年「鶴かへらず」で前川佐美雄賞。古典や能への造詣を背景に艶麗な歌境を提示。評論に「鬼の研究」などがある。東京出身。日本女専(現・昭和女子大)卒。本名は岩田暁子。歌集に「早苗」「桜花伝承」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬場あき子の関連情報