コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬場あき子 ばばあきこ

2件 の用語解説(馬場あき子の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

馬場あき子【ばばあきこ】

歌人,評論家。本名岩田暁子。東京生れ。日本女子高等学院(現昭和女子大学)卒。歌誌《まひる野》に参加,窪田章一郎に師事。第1歌集《早笛》(1955年)以下,《地下にともる灯》(1959年),《桜花伝承》(1977年)など,豊かな感性に根差した独自の歌風の作歌活動を展開。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬場あき子 ばば-あきこ

1928- 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和3年1月28日生まれ。昭和22年「まひる野」に入会し,窪田章一郎に師事。教員生活ののち,53年夫の岩田正と「かりん」を創刊,主宰。61年「葡萄唐草」で迢空(ちょうくう)賞,平成6年「阿古父」で読売文学賞。12年朝日賞。15年芸術院賞。同年芸術院会員。19年「歌説話の世界」で紫式部文学賞。23年日本歌人クラブ大賞。24年「鶴かへらず」で前川佐美雄賞。古典や能への造詣を背景に艶麗な歌境を提示。評論に「鬼の研究」などがある。東京出身。日本女専(現・昭和女子大)卒。本名は岩田暁子。歌集に「早苗」「桜花伝承」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

馬場あき子の関連キーワード池田純義石田比呂志井上宗雄清原令子田井安曇友松賢中野照子蒔田さくら子山下和夫山田富士郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

馬場あき子の関連情報