コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米川米吉 よねかわ よねきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米川米吉 よねかわ-よねきち

1845-1865 幕末の武士。
弘化(こうか)2年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の乱鎮圧のため,水戸にむかった藩主名代の松平頼徳(よりのり)にしたがう。藩内の実権をにぎった諸生派や幕府軍と那珂湊(なかみなと)でたたかい,のち天狗党とともに京都をめざすが,加賀金沢藩に降伏し,元治2年2月4日敦賀(つるが)で処刑された。21歳。名は和常。変名は米橋誠之進。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

米川米吉の関連キーワードマルクス経済学アメリカ合衆国史(年表)コルベ(Adolf Wilhelm Hermann Kolbe)ゴーチエオセアニア史(年表)建部武彦芳香族化合物フォーレイビーインブリー

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android