米搗・米舂(読み)こめつき

精選版 日本国語大辞典「米搗・米舂」の解説

こめ‐つき【米搗・米舂】

〘名〙
① 米をつくこと。玄米を精白すること。こめふみ。〔東寺執行日記‐文明一五年(1483)一二月一九日〕
俳諧・続五元集(1752)宝永二年「凍たる手から銭洩鞍の上 風にはころぶ猿の米つき」
② 米をついて精白する人。特に、江戸時代、(きね)をかつぎ往来を通行して求めに応じ、または、得意先をまわって一定の賃金をもらって米をついた人。こめふみ。
※俳諧・続の原(1688)「昼顔に米つき涼むあはれ也〈芭蕉〉」
③ 「こめつきむし(米搗虫)」の。〔日本昆虫学(1898)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android