コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米村権右衛門 よねむら ごんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米村権右衛門 よねむら-ごんえもん

?-? 織豊-江戸時代前期の武士。
大野治長(はるなが)の家臣。慶長20年(1615)大坂夏の陣の際,千姫大坂城から脱出させて豊臣秀頼淀殿助命をもくろんだ治長の命で本多正信への使者となる。千姫脱出後,高野山で出家。のち還俗(げんぞく)し,備後(びんご)(広島県)三次(みよし)藩主浅野長治(ながはる)につかえた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

米村権右衛門の関連キーワード大野治長

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android