米村権右衛門(読み)よねむら ごんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「米村権右衛門」の解説

米村権右衛門 よねむら-ごんえもん

?-? 織豊-江戸時代前期の武士
大野治長(はるなが)の家臣。慶長20年(1615)大坂夏の陣の際,千姫を大坂城から脱出させて豊臣秀頼・淀殿の助命をもくろんだ治長の命で本多正信への使者となる。千姫脱出後,高野山出家。のち還俗(げんぞく)し,備後(びんご)(広島県)三次(みよし)藩主浅野長治(ながはる)につかえた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android