コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多正信 ほんだまさのぶ

9件 の用語解説(本多正信の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本多正信
ほんだまさのぶ

[生]天文7(1538).三河
[没]元和2(1616).6.7. 江戸
江戸時代初期の大名。俊正の子。幼名は弥八郎。別名は正保,正行。通称は佐渡守。幼少から家康に近侍していたが,永禄6 (1563) 年の三河一向一揆に参加して家康のもとを離れ,天正 10 (82) 年許され,再び出仕。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほんだ‐まさのぶ【本多正信】

[1538~1616]安土桃山・江戸初期の武将。三河の人。幼少より徳川家康に仕え、謀臣として活躍。のち、2代将軍秀忠の側近。「本佐録」の著者といわれるが未詳。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

本多正信【ほんだまさのぶ】

江戸初期の大名。佐渡守。幼少より徳川家康に近侍し,一時三河(みかわ)一向一揆(いっき)に加わり家康にそむいたが,のち帰参。1590年の家康関東入国の際,上野(こうずけ)八幡(相模甘縄(あまなわ)とも)1万石(のち加増)を与えられた。
→関連項目本佐録

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多正信 ほんだ-まさのぶ

1538-1616 戦国-江戸時代前期の武将,大名。
天文(てんぶん)7年生まれ。徳川家康につかえるが,三河一向一揆(いっき)に味方して追放される。のち帰参し,家康の側近となる。関東入国後は相模(さがみ)(神奈川県)玉縄1万石をあたえられた。将軍秀忠を補佐し,幕政をになう。元和(げんな)2年6月7日死去。79歳。三河(愛知県)出身。初名は正保,正行。通称は弥八郎。佐渡守。
【格言など】堪忍は身を立つるの壁。苦労は栄華の礎(いしずえ)(「半日閑話」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

本多正信

没年:元和2.6.7(1616.7.20)
生年:天文7(1538)
戦国・江戸前期の武将。三河松平氏の譜代家臣本多俊正の子。通称は弥八郎で,名ははじめ正保,正行ともいった。家康に仕えたが,永禄6(1563)年から翌年にかけての三河一向一揆のとき,一揆方に加担したため追放され,のち同12年ごろ,大久保忠世の取りなしで帰参がかない「帰り新参」などと呼ばれた。天正10(1582)年の家康による甲州平定のころから頭角を現し,次第に家康の帷幄に加わって側近の謀臣として力を振るった。後年,家康と正信の間柄は「君臣の間,相遇ふこと水魚の如し」などといわれるほどであった。同14年,従五位下・佐渡守に叙任された。同18年,相模国玉(甘)縄で1万石。幕府は成立後,秀忠付の老職として2万2000石を領し初期幕政を担ったが,家康没後49日に当たる日,あとを追って没した。『本佐録』(1612)は彼の著という。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

江戸・東京人物辞典の解説

本多正信

1538〜1616(天文7〜元和2)【大名】家康と一心同体で、二代将軍を補佐。 織豊期〜江戸前期の大名、佐渡守。家康に仕え、長久手の戦い以来頭角を現し、関が原以降初期徳川政権を担った。秀忠が二代将軍となると、大久保正隣と政権を補佐。家康は、正信を通じて駿府にいながら、大御所として事実上幕政を支配することができた。1616年家康が没すると、あとを追うように49日後に死去した。『本佐録』を著したとされる。

出典|財団法人まちみらい千代田
江戸・東京人物辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほんだまさのぶ【本多正信】

1538‐1616(天文7‐元和2)
江戸初期の大名。徳川家康の側近。創業期の江戸幕府で,のちの大老または老中に相当する位置にあった。通称を弥八郎。祖父の代からの松平氏の家臣。幼いころから4歳年下の家康に仕えたが,1563年(永禄6)三河一向一揆に参加して家康に背き,翌年国を出て加賀に住んだが帰参し,70年(元亀1)姉川の戦に参加。82年(天正10)には家康の文書を取り次いでおり,これ以前にその側近となっていたと考えられる。86年従五位下佐渡守。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほんだまさのぶ【本多正信】

1538~1616) 江戸初期の大名。三河の人。佐渡守。一時、一向一揆に荷担して徳川家康に離反、許されて再仕ののち、江戸城の経営に参画するなど草創期の幕政に参与。家康最高の謀臣とされる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本多正信
ほんだまさのぶ
(1538―1616)

徳川家康の側近。江戸幕府創業期に、後の大老・老中に相当する役割を果たした。古くからの松平氏譜代(ふだい)の家柄の生まれ。代々通称を弥八郎(やはちろう)。1563年(永禄6)三河一向一揆(いっこういっき)に参加して家康に敵対し、翌年国を出て加賀(石川県)に逃れた。帰参の年は明らかでないが、70年(元亀1)姉川(あねがわ)の戦いで軍功をたてたという言い伝えがある。82年(天正10)には家康の文書の発給に関係しており、このころまでに家康の側近となっていたことがわかる。86年従(じゅ)五位下佐渡守(さどのかみ)。90年上野(こうずけ)(群馬県)八幡(やわた)(相模(さがみ)甘縄(たまなわ)説もある)で1万石。のち加増されて2万2000石を領した。1605年(慶長10)ころから秀忠(ひでただ)の側近に配置され、家康の意を受けて実質的に秀忠を指導した。家康とは気心の通じ合った主従であり、君臣水魚の交わりともいうべき逸話が伝わっている。元和(げんな)2年6月7日江戸で没。治国の要を記した『本佐録(ほんさろく)』は正信の著と伝えられるが、後人による仮託であろう。[高木昭作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の本多正信の言及

【本佐録】より

…また本書の〈天道〉観はキリスト教の影響の下に成立したことが指摘されている。2代将軍徳川秀忠の側近を務めた本多正信が秀忠のために書いたとされてきたが,内容上は,通俗訓戒書《仮名性理》(藤原惺窩著といわれる)に手を加え,正信著に仮託したものである。【高木 昭作】。…

※「本多正信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

本多正信の関連キーワードシェール・シャー足利義明足利義明ボゴタ本多正信大館常興日記シク教新陰流スクレパウルス[3世]

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本多正信の関連情報